プロテオグリカン サプリで、おすすめは、どれ?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加

極生だからできたプロテオグリカン サプリ

自分の体に変化を感じたことはありませんか?関節が痛い、なんとなく立ち上がった時に痛みが走る・・・そんな方には北国の恵みのプロテオグリカンのサプリがオススメです。

極生というだけあって、本来のプロテオグリカンそのままを配合してあります。累計売上が32万個も突破しており、利用者は90%以上が実感しているという効果を持っています。

グルコサミンで満足できなかった、関節痛はやっぱり治らなかったという人にこそ試してもらいたいサプリです。

軟骨は人間の体のいたるところにあります。軟骨を構成しているのは一体何なのでしょう。その前にその役目が知りたいところですね。

一体軟骨はどのような役割を担ってくれているのでしょうか?それは骨と骨の間のクッションをしてくれているのです。関節のスムーズな動きは軟骨があってからこそです。

ですから、この軟骨成分が失われていくと関節に痛みが生じたり、関節がうまく使えなくなってしまいます。

プロテオグリカンのサプリは3つの構成でできている

北国の恵みのプロテオグリカンのサプリはそんな軟骨のクッション性を持たせ、ヒアルロン酸でスムーズな動きをサポートし、Ⅱ型コラーゲンによって成分を繋ぎとめています。

グルコサミンやコンドロイチンと違う点は、この3つの構成にあります。軟骨の成分をそのまま1粒にぎゅっと凝縮してあるのが北国の恵みのプロテオグリカンサプリなのです。

ではよく販売されているグルコサミンは一体何なのでしょうか?それは軟骨成分ではなく、プロテオグリカンに含まれている一部の成分のことだったのです。

ですからグルコサミンだけで満足できなかった人が大勢いるのです。実感できなかったという人は、その一部の成分でしかないグルコサミンでは悩みには辿り着くことができなかったというわけです。

非変性のプロテオグリカンで極生状態に

膝の痛みにはグルコサミン、とよくCMなどでもうたわれていますが、実はグルコサミンは軟骨成分そのままではなかったようですね。

プロテオグリカンという成分の一部がグルコサミンという成分です。ですからグルコサミンのサプリをいくら続けても関節痛が続く、膝が痛いという人は大勢いるようです。しかし北国の恵みのプロテオグリカンのサプリは少し違います。

通常のプロテオグリカンは型崩れしてなかなか実感力がわきませんが、北国の恵みのプロテオグリカンサプリは非変性といい、型崩れしない状態になっています。

ですからスピーディな効果を実感することができます。また非変性Ⅱ型コラーゲンというものもサプリに配合されており、熱によって変化しない、生に近い状態を保っています。

ほぼ生の状態で摂取できる

人間の軟骨成分とほぼそのままの形でサプリにしてありますから、体内にほどよく吸収されます。ですから関節痛やリウマチの痛みなどによく効くのです。

その効果は高く評価を受けており、内閣総理大臣賞を受賞しているほどなんですよ。口コミでも毎日辛かったのがこんなに元気になるなんて、という声も多数届いています。実際愛飲している人がそう口コミしているのですから、その真偽は本当なのでしょう。

また国内のGMP認定工場でしっかり管理された状況で生産されていますから、品質のクオリティは確保されています。安心して毎日続けることができるプロテオグリカンサプリです。

軟骨の99%を占める成分プラス非変性、極生状態なので実感力がスピーディ。これがプロテオグリカンサプリの秘密です。

むかしはとても高価な成分だった

プロテオグリカンを調べていくと、1gで3,000万円ということが分かります。

えっ!そんな高価なものをサプリでこんな値段で摂ることができるの!?と驚く人も大勢いるとは思いますが、これはプロテオグリカンの抽出がうまく確立されていなかった時代の話です。

今では抽出技術もハイスキルになり、サプリやコスメなどの分野で多く使用されてきているので、それほど高額な値段をつけずともプロテオグリカンのサプリメントとして販売が可能となっています。

特に青森県のブランドのプロテオグリカンは農林水産大臣賞などを受賞している純度の高いものとされています。プロテオグリカンサプリを選ぶポイントは一体どこにあるのでしょうか?

それほどまでに高額だったプロテオグリカンを抽出するスキルの高いサプリはどう選別すればよいのでしょうか?その点で言えば北国の恵みはクオリティも高いので安心できます。

サケ軟骨から抽出したプロテオグリカンを使ったサプリ

北国の恵みはプロテオグリカンサプリの中でもよく知られた存在ですが、青森ブランドのプロテオグリカンを使っているサプリを選ぶとまず間違いないでしょう。

またサプリは続けて効果を得ることができますが、個人差もあります。薬事法の問題もあり、効果や効能を記すことができないのもサプリのデメリットでしょう。

医薬品を試したいと思う人もいますが、まずはサプリで様子を見たいという人には北国の恵みなど、クオリティの高いプロテオグリカンサプリをオススメします。

サケの軟骨から抽出したプロテオグリカンを使っていますから、完全天然素材と言えますし、安全性もクリアしています。かなり高額だったころと比べると安価で手に入りやすいサプリですから、続けるのにメリットは大きいかと思われます。

プロテオグリカンサプリを選ぶポイント

膝の痛みの改善のためにプロテオグリカン サプリの飲むなら、選ぶポイントはプロテオグリカンの含有量です。

また天然素材か化学合成原料かという原料の安全性の確認も欠かすことが出来ません。栄養補助食品であるサプリメントは継続的に摂取する必要があるため、天然素材を使用し体に有害な添加物が極力含まれていないサプリを選ぶことが大切なのです。

あとプロテオグリカンは加熱すると性質が変わり効果が失われてしまうので熱処理されていないサプリを選んでください。低温で安全性を保ち製造されているかどうかを確認するために製造方法なども調べておくといいでしょう。

またサプリは食品と同様に鮮度があり、製造年月日が古いと効果が弱くなってしまうので出来るだけ製造年月日が新しいモノを選ぶこともポイントです。

それと配合バランスも確認することが大切です。栄養素、美容成分の中には単体で摂取すると効果が出にくい成分があるので、その点を注意してサプリを選ぶことをお勧めします。

さらに今はいくつかのメーカーよりプロテオグリカンサプリが販売されていますが、口コミや評価、公式サイトの情報などを参考にしてコスパのいいサプリを選ぶようにしてください。

いくら効果があっても高額な商品は、続けることが難しいからです。経済的な負担が少なく効果が高いサプリを厳選したいものです。

プロテオグリカンの効果に期待

プロテオグリカンには様々な効果が期待されています。そのうちの2つが抗酸化作用と抗炎症作用です。

これらには、免疫細胞の炎症を抑制する効果があり、これにより老化の原因となる活性酸素を抑制することが期待できます。

老化を抑制できれば、シワやたるみなどを改善して若々しい肌に近づくことができます。また、炎症抑制のほかにプロテオグリカンには高い保水力があります。

その保水力はヒアルロン酸を遥かに上回り、保水力に加えヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す作用もあるので、より高い保水性を維持することができるわけです。

乾燥肌やシミなどのトラブル改善には、保湿が効果的なため、プロテオグリカンの保水力は美肌にも効果的な成分です。

さらに、肌に保湿性を維持することでターンオーバーを正常な状態へと近づけてくれます。

またプロテオグリカンには、腸内環境を整える働きがあります。善玉菌優位の腸内環境にすることで、腸内の免疫細胞が正常に機能するよう働きかけます。

腸内の健康は身体の健康や美容維持に大切であり、プロテオグリカンは、いま期待される成分の1つと言えるでしょう。

膝の痛みには、グルコサミンがいいの?

膝の痛みの原因は人によって様々です。そんな膝の痛みに悩まされる多くの人に見られるのが加齢と言う原因です。

膝の関節にはクッションの働きを持つ軟骨があります。長年の使用によりこの軟骨がすり減ってくると痛みが生じてくるのです。

年齢を重ねてくると少しずつコラーゲンやヒアルロン酸が減っていきます。これらの成分が減ると関節液の弾力性が失われ膝の痛みに繋がることがあります。

加齢により運動不足になると膝周辺の筋肉量が減るため膝への負担が増しやすいです。運動不足により体重が増えてしまった時も膝への負担が重くなります。

加齢の他には膝の使い過ぎと言う原因もあります。激しいスポーツをする方が膝の酷使によりケガをすると炎症が起こり、さらに痛みが強くなりかねません。

膝の痛みに良いとして知られているのがグルコサミンと言う成分です。このグルコサミンは軟骨の主成分であるプロテオグリカンの原料となります。

すり減った軟骨の修復に役立つため痛みが軽減されると言う仕組みになっています。そのためサプリメントにも良く配合されています。

膝の関節にある軟骨がすり減ったことで生じる痛みを変形性膝関節症と呼んでいます。初期の頃は殆ど痛まないものの中期まで進むと関節炎が生じて痛みが強くなり、そのまま進行すると骨が変形することがあります。

その他にも若い女性に良く見られる膝蓋軟骨軟化症、膝の上が痛くなる膝蓋大腿関節症、膝に水が溜まる関節水腫などいろいろな病気があります。

年齢を重ねてくるとリウマチと言う病気により膝が痛くなることがあります。

軟骨は何から出来ているのか?

膝の関節痛の原因の一つは軟骨がすり減ってしまうことが挙げられます。

軟骨はクッション性に優れていて、骨同士が直接当たらないようにすることで痛みから守ってくれているのです。

しかし年齢を重ねること、肥満などの体型に無理がある状態で身体を動かし続けると軟骨がすり減っていきます。

その結果として骨同士の接触が発生して痛みを感じるようになっていき、代表的な身体の箇所として膝の痛みを訴える方が多くなっていくのです。

また加齢だけでなく、若い方でも怪我や骨折などの影響により痛みが出るケースもあり、年代を問わず痛みが発生する可能性がある症状だといえるでしょう。

では、そんな軟骨がどんな成分でできているのでしょうか?

軟骨は80%程度が水分で出来ていますが、それ意外にⅡ型コラーゲンが15%程度、プロテオグリカンが3~4%程度で構成されています。

これらの成分には弾力性や水分の調整力を上昇させる機能があり、これによって軟骨の働きを助けてくれます。

そのため、膝の痛みをサポートするサプリメントの多くにはプロテオグリカンと非変性Ⅱ型コラーゲンが配合されており、膝の痛みを緩和するには積極的に摂取するのが好ましいと言えるでしょう。

辛い膝の痛みは、日頃の生活習慣を見直し改善する

膝の痛みが起こる原因には色々ありますが、多くは生活習慣を見直すことで痛みを和らげることが可能です。膝の痛みを和らげる生活習慣にはどのようなことがあるのか、いくつかご紹介したいと思います。

一つ目は、正座をしないことです。正座は膝を曲げた状態でさらに体重をかける座り方なので、想像以上に膝に負荷がかかります。座椅子やソファーを活用して出来るだけ正座をしないように心がけましょう。最近では和室に畳用のイスを置いているお店もあります。

二つ目は、痛みがある時には無理に動かさず身体を休めることです。痛みがある時に無理に膝を動かすと、膝の炎症をさらに悪化させる原因となります。膝の痛みを感じたら無理に動かさないようにしましょう。

三つ目は、サポーターやテーピングを活用することです。サポーターやテーピングには、膝関節を支えて関節の負担を和らげる効果があります。最近ではドラッグストアでも販売されているので、気軽に購入出来ます。

四つ目は、筋力をつけることです。膝の周りの筋力が衰えると、その分膝に大きな負担がかかります。軽いスクワットや、椅子に座った状態で足を上げる運動で、膝周りの筋肉を鍛えましょう。

五つ目は、肥満を解消することです。歩いている時には体重の2倍、階段の上り下りでは7倍もの負荷が膝にかかると言われています。膝の負担を軽くするためにも、適度な運動や食事制限などで減量を行いましょう。

このように、膝の痛みは日常の生活習慣に少し気を配るだけで和らげることが可能です。まずは出来るところから少しずつ改善してみてはいかがでしょうか?