膝の痛みを改善に。プロテオグリカンを増やす方法

トップページ
お気に入りに追加

膝の痛みを改善に。プロテオグリカンを増やす方法

プロテオグリカンとは膝痛の予防、改善効果が期待されている成分で健康な人であっても加齢により体内のプロテオグリカンは減少してしまいます。

なのでいつまでも健康でいたいという人の為にプロテオグリカンを増やす方法を紹介していきます。

体内のプロテオグリカンを増やすためには膝などの関節をしっかりと動かすことが重要と言えます。膝の関節を曲げたり、伸ばしたりを繰り返すことにより血流改善効果が期待できます。

その結果血液により膝に酸素が沢山送られる様になり、軟骨細胞が活発になることでプロテオグリカンが生成されます。

プロテオグリカンを増やすことが出来れば膝の関節の痛みを予防、もしくは改善することが出来ます。つまり日頃から体を動かすことが大切で運動不足が膝痛の原因となってしまいます。

加齢により体力が落ちた、筋肉痛になるのが嫌だからと膝をあまり動かさない、足腰を使用しないといった生活を過ごしていると血行が悪くなってしまい軟骨まで酸素や栄養が届かなくなりプロテオグリカンが少なくなってしまいます。

プロテオグリカンが減少すると軟骨のダメージを修復することが出来なくなるので、ストレッチをしたり、意識して関節を動かして軟骨に刺激を与えるようにしてください。

ただし、あまり激しい運動は体への負担が大きくなってしまうので、運動をするのならウォーキングがお勧めで膝痛を改善したい場合は1日に30分程歩くようにしましょう。

また予防のために歩く時に意識して歩幅を広げる、エレベーターではなく階段を使用するようにしてください。