加齢に伴うエストロゲンの分泌減少がプロテオグリカンの減少まで招く

トップページ
お気に入りに追加

加齢に伴うエストロゲンの分泌減少がプロテオグリカンの減少まで招く

加齢に従い女性の身体はエストロゲンの減少を招いていきます。女性ホルモンであるエストロゲンは人の骨の成長、促進、維持機能に必要なホルモンであるために減少傾向が膝の関節通の原因となります。

一般的には加齢による膝の痛みや関節痛という症状を更年期障害とひとまとめに扱われていますよね。

本来、エストロゲンには骨を修復させる働きが備わっていますが、加齢によるエストロゲンの現象は骨の修復を阻害させてしまいます。

骨が弱くなる現象、このような事態が骨そしょう症と呼ばれるものです。

生体内で何が起こるのかというと、エストロゲンの現象により生成成分である「プロテオグリカン」が減少します。プロテオグリカンという物質は「プロテオ」=プロテイン、「グリカン」=タンパク質のことを指します。

プロテオグリカンは生体内の各種臓器や細胞の表面に存在しており、内節軟骨の主成分となっているのです。この物資が組織を形成したり、骨の維持と修復を担っているのです。

必然的にプロテオグリカンを分泌させる女性ホルモン、エストロゲンの分泌が減少すれば、同時にプロテオグリカンの生成も減少を辿ることになります。

プロテオグリカンが生成されなくなってくると、骨は弱くなる一方です。次第に膝の関節痛が起こるようになり、少しのことで骨が折れることも。

このような症状が回復することはないので、食事療法やサプリメントでプロテオグリカンを補う必要があります。